メディレギンスを知って得する!【効果的な履き方をこっそり教えます】

メディレギンス 効果的な履き方

 

メディレギンスの最大の特徴は劇的な脚痩せ効果です。

 

メディレギンスを履いて太もも−6pという人もいますからね。

 

でも一方で効果がなかったという人がいるのも事実。

 

その差は効果的な履き方ができていたかどうかということもあるのではないでしょうか。

 

せっかくメディレギンスを購入しても効果的な履き方をしていなければ宝の持ち腐れ。

 

ここではメディレギンスの効果をMAXにするための効果的な履き方をご紹介します。

 

メディレギンスの効果のモトは?

 

メディレギンスの脚痩せ効果は、レギンス全体に施されている6段階の着圧機能にあります。

 

腰から足首にかけて部位ごとに最適な着圧になるように調整されているので、その人の体型に合った美脚になるというわけ。

 

加圧効果に加えて骨盤補正効果や代謝UPにつながるツボ押し効果もあるのでメディレギンスで効果を実感している人が多いんですね!

 

また、メディレギンスの効果は下半身のあらゆる部分の脂肪に働きかけて、むくみやセルライト、ぽっこりお腹の解消にも有効です。

 

メディレギンスの基本的な履き方

 

メディレギンスの履き方は簡単3STEPです。

 

 

1. 普通のレギンスのようにウエスト側をめくっていき、脚先から履いていきます。
2. 太ももの後ろの脂肪をお尻のほうに引き上げながら履き、お尻の下まできたら一旦ストップします。股部分を左右均等に合わせてから、ウエスト部分まで両手で一気に引き上げます。
3. 歪みを整えればOK!

 

メディレギンスの効果的な履き方

 

さて、ここからがメディレギンスの効果的な履き方です。

 

履き方というより使い方といったほうがいいでしょうか。

 

1.メディレギンスを履いて入浴する

 

簡単かつ抜群の効果を生むのが、履いたまま入浴。

 

抜群のむくみ解消効果と血流促進効果を実感できますよ!

 

着圧レギンス入浴のやり方はとても簡単。

 

入浴前にメディレギンスを履いてお風呂に15〜20分ほど浸かるだけ。

 

お湯の温度は40℃くらいのぬるめで20分くらいつかるのがベスト。

 

就寝1〜2時間前に行うとぐっすり眠れること間違いなし!

 

2.メディレギンスを履いて軽い運動をする

 

メディレギンスを履いた状態で運動を行うことで、筋肉への刺激が大きくなり、脂肪燃焼がさらに促進されます。

 

運動といっても激しいものではなく、軽いウォーキングでOK。

 

普通のウォーキングと同じ時間で何倍もの効果を得られますよ。

 

さらに脚・膝・腰をメディレギンスがサポートしてくれるので、ウォーキングによる運動の疲れを軽減させてくれます。

 

メディレギンスは履いていると骨盤を正しい位置に戻してくれるので、着圧による効果だけでなく、運動効果を大幅にアップしてくれます。

 

骨盤が歪んでいると何がダメかというと内臓の位置が下がってぽっこりお腹になりやすいことと、骨盤まわりの血流が悪くなること。

 

骨盤まわりの血液やリンパの循環が悪くなり、冷え性になったり老廃物がたまりやすくなって痩せにくい体になるんです。

 

メディレギンスは履くだけで骨盤矯正、着圧による血流促進で脚やせ効果を発揮してくれるんですね。

 

効果的な履き方を意識してスリムな脚を目指しましょう。

 

>>メディレギンスの詳細はこちら